池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

【池袋AGAクリニック】

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

【池袋AGAクリニック】 ホーム > コラム > 元気な髪の毛を育てるために頭皮ケアの基礎知識を学ぼう

元気な髪の毛を育てるために頭皮ケアの基礎知識を学ぼう

頭皮や髪の毛の基礎知識を知っておこう



髪の毛を健康に、清潔に保つためにはどうしたらいいのか、いろいろ悩んでいる方は多いでしょう。ただシャンプーでゴシゴシ洗うだけ、これでも汚れはスッキリ落とすことはできますが、例えばシャンプーやリンス、コンディショナー、トリートメントの役割を知ることで、毎日のケアがさらにアップします。

まずはシャンプーですが、汚れを落とすという役割はもちろんのこと、そのほか頭皮の毛穴に詰まった皮脂を除去する役割もあります。この皮脂が詰まったままだと肌トラブルの元になるので、毎日丁寧に落としてあげます。

次にリンスやコンディショナーですが、どちらも役割は同じです。髪の毛の表面をコーティングして刺激から保護する役割を持っています。また、コーティングすることで髪の毛のツヤもでてくるため、手触り、くし通りが良くなります。成分が髪の毛の内部に浸透することで、髪の毛の健康も保つことができます。最後にコンディショナーについてです。こちらも髪の毛のダメージを補修する役割があります。健康に保つための成分が髪の毛の内部に浸透することで、ハネやうねりを抑えることができ、ゴワゴワの髪質がツルンと落ち着いた状態になります。商品によってヘアパックと呼ばれるものもあります。

使い方としてはシャンプーとリンス、シャンプーとコンディショナー、シャンプーとトリートメント、という組み合わせで使うのが一般的でしょう。



頭皮トラブルにはどんなタイプがあるのか



頭皮のトラブルは男性女性問わず起きてしまいます。トラブルのタイプにはいろいろありますが、例えば頭皮湿疹があります。これはかゆみが生じる症状で、皮膚炎の一種です。頭皮を見ると赤身を帯びていることが多く、皮脂の分泌が多い、過剰であることが原因と見られています。そのほかにもカサブタができることもありますが、脂漏性皮膚炎という症状が原因でできてしまいます。こちらも皮脂の過剰分泌が理由になっていたり、そのほか皮脂や汚れ、シャンプーの洗い残しが原因になることもあります。

また、顔と同じようにニキビができてしまうこともあり、これは毛穴の周りの皮膚が正常にターンオーバーできていないことが原因になっています。通常であれば古くなった角質は剥がれ落ちるのですが、そのまま残った状態になるとどんどん毛穴をふさいでしまいます。毛穴がふさがれてしまうと顔のニキビ同様、アクネ金が繁殖して炎症を起こします。まさに頭の皮膚にできるニキビなのです。これはホルモンのバランスが乱れたり、ストレスが原因で現れるので、日常生活を見直すことが症状を改善させる第一歩になるでしょう。

それからお洒落のため、白髪を見えなくするためにカラーリングをしている方も多いですが、実はこのカラーリングは少なからず頭皮に負担がかかっています。直接見えないところなので分かりにくいですが、人それぞれ体質に個人差があるように、頭皮にもそれぞれ違いがあります。中にはアレルギー症状が出てしまうこともあるので、合わないときはすぐにカラーリングを止めましょう。心配な場合は先にパッチテストを行い、アレルギー体質かどうか確認することをおすすめします。



正しいケアや対策をご紹介



正しいケアを続けることが、健康な頭皮を保つことに繋がります。ここでは正しいケア方法や対策について紹介します。まずは基本となるシャンプーのやり方です。汚れをしっかり落とすのだからたっぷりのシャンプーを、というのは間違いです。なぜならば、シャンプーには汚れを落とす洗浄力があるためです。たくさん使えばそれだけ洗浄力はアップすると考えられがちですが、それだけ肌ダメージも強くなります。それぞれの商品が説明している適切な量を使いましょう。

そして洗い方ですが、爪を立ててゴシゴシと力任せに洗えば確かにスッキリするかもしれませんが、肌ダメージは大きいです。シャンプーを泡立てて頭皮に直接つけて、それをもみこむように指の腹で優しくマッサージするように洗います。これでも十分頭皮の汚れや毛穴の皮脂をきれいにできます。それから洗い流すときのシャワーの温度はぬるめにしてください。例えば顔を洗うとき、熱めのお湯だと肌がつっぱりますが、頭皮も同じです、これは肌の潤いが無くなっている証拠で、分かりやすく話すとバリアがなくなっている証なのです。無防備になった肌はダメージを受けやすく、様々なトラブルを引き起こします。ちょっとぬるいかな、と感じるぐらいがちょうどいい温度です。

最後にドライヤーでしっかり乾かします。このとき、ドライヤーはできるだけ離して熱で刺激を与えないようにします。最初にタオルドライでトントンと水分を取り、その後ドライヤーで乾かします。温かい風、冷たい風を繰り返して頭皮や髪の毛が必要以上に熱くならない工夫もおすすめです。夏場など汗をかきやすいときは、冷たい風、送風だけでも十分乾きます。濡れたままだとばい菌が繁殖しやすいので注意しましょう。

次の記事へ