池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

【池袋AGAクリニック】

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

【池袋AGAクリニック】 ホーム > コラム > 大きな壁となるか自由診療のaga治療費

大きな壁となるか自由診療のaga治療費

髪の悩みは専門外来にいってみること



髪が薄くなるというのは、日本人にとって一つの悩みとして挙げられるでしょう。そうならないように、日頃から気をつけている人もいますが、AGAとなるとそうはいきません。気をつけているだけではどうにもならないことだからです。

雑誌などでも取り上げられるAGAは、男性型脱毛症というのが正式名称で、その名の通り男性に多くみられる症状であることが特徴といえます。脱毛のタイプの一つではありますが、若い男性によく見られるという特徴を持っています。男性ホルモンの一つであるテストステロンが関係していることがわかっており、通常の薄毛の原因とは異なります。

これが大きな問題であり、通常の薄毛対策を繰り返していても、まったく効果を上げることができません。通常の薄毛であれば、生活習慣や食事、ストレス、洗髪方法が問題で薄毛になることが大半であるため、日常生活を改めれば改善されます。ところが、AGAは、こうした要因が絡んでくることはあっても、根本的には男性ホルモンが要因です。いくら生活習慣を改めるなどの対策をしていても、体内で作られる男性ホルモンが問題では、対処のしようがありません。

そこで、AGAでは、専門外来などで治療をしていくということが重要なポイントになってきます。専門医のもとで、一人一人に合わせた治療をしていかなければ、いつまでたっても改善のきざしは見えないでしょう。薬も売られてきてはいますが、誰にでも合うとは限りません。様々なことをチェックし、内服薬と外用薬を用いて治療していくことになりますが、問題となるのはaga治療費でしょう。誰もが何とかしたいと思っていても、このaga治療費が頭をかすめると、そのまま放置してしまうという人も多いものです。



早期にAGAの可能性を考えること



AGAを含め、薄毛になると必ず悩みます。それも進行性の薄毛であり、どんどんと薄くなっていくことがわかるのですから、性質が悪いものです。初めのうちは、育毛剤や発毛剤を試してみる人も多いでしょう。AGAであるという自覚はないはずですから、とにかく髪に良いことをやってみようと繰り返すのが当然です。しかし、育毛剤や発毛剤では思ったような効果は現れず、改善の兆しも感じることができません。これがAGAの怖いところです。こうなるとさらに悩み始めてしまいます。

また、自分の生活だけではなく、他の人から見るとどうなのだろうと余計なことも考えだすでしょう。実際には、他人は人の頭などそこまで気にはしません。見たとしても一瞬です。それなのにもかかわらず、人の目線が気になり始め、次第に被害妄想を止めることができなくなっていきます。これがストレスに発展して、どんどん苦しい思いをするようになり、さらなる悪循環を生み出します。

AGAではないかと気づいても、市販の薬は簡単には手に入りません。育毛剤の中でも、AGAに効くものはほんのわずかです。それも薬剤師がいなければ買うことができないようなものですので、なかなか手が伸びずに悩む日々を続けます。このような悪循環に陥っても、薄毛は止まりません。できるだけ早く、医師の診断のもとで正しい対応をしていくべきでしょう。必ず早く相談しておけばよかったと思うからです。



自由診療としてかかってくるaga治療費



AGAを治療しようと思った場合、自由診療であるということが重要です。保険治療はできませんので、検査代も投薬もすべて保険外治療となります。つまり、自己負担となるわけですが、治療費は病院が決定するため、病院によってそれぞれaga治療費に違いが出てきます。基本としては、aga治療費は専門のほうが高めになる傾向があります。その代わり、専門ですので細かなケアが受けられるようになっており、カウンセリングの段階から質が異なることが重要です。料金としては、おおよそ20

次の記事へ