【予約受付時間】
木曜・金曜日 12:00~19:00
土曜・日曜日 12:00~18:00

03-6914-1616

知っておきたい薄毛治療のコト

知っておきたい薄毛治療のコト

AGAについて


AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」を意味することばです。思春期以降の成人男性によくみられる頭髪が薄くなる状態のことで、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか片方、あるいは両方から薄くなってくる症状です。遺伝や男性ホルモン、特にジヒドロテストステロン、あるいは環境的な要素の影響などが原因で発生すると考えられています。
毛髪は、正常であれば3ヶ月から4ヶ月の休止期、2年から6年の成長期、2週間の退行期を繰り返します。これをヘアサイクルといいますが、AGAになると成長期が短くなってしまい、毛包が十分に成長しないまま抜け落ちてしまうので産毛のような柔らかい毛髪が増えてしまいます。AGAの脱毛部には、上述した男性ホルモンのジヒドロテストステロンがあって、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質だと考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまうので、十分に育っていない、細く短い髪の毛が多くなり、地肌が目立ってしまうのです。
AGAでは多くの場合、薄毛になっていても産毛は残っています。毛包が残っていれば髪の毛は育つ可能性がありますので、あきらめずに薄毛治療を行うことで改善する場合があります。AGAには、頭頂部から始まるIIvertex、IIIvertex型、額の生え際から始まるIからVII型、前頭部から始まるIIaからVa型に分類されていて、I型はII型へ進行する場合とIIvertex、またはIIa型へ進行する場合とがあります。

治療のいろいろ


薄毛治療の具体的な方法は、体内のホルモンや生理活性物質のバランスを整える薬剤を内服したり、外用薬を用いる場合もありますが、薬物療法だけではなく、カウンセリングなどによる心理学的な面からアプローチを行ったり、生活・遺伝環境や脱毛の要因に対してのトータルケアを行うことも重要です。偏り無くバランスの取れた食事に摂ること、過不足ない睡眠時間を確保すること、深酒のような不摂生を避けることなど、生活習慣を改善することも良い結果につながります。どの方法をとるにしても、薄毛治療に即効薬はありません。医師と一緒に数ヶ月から数年スパンで計画を立てて、辛坊強く気長に取り組むことが重要です。
AGAは薄毛治療を行わないで放置すると進行してしまいます。AGAに気づいたら早めに薄毛治療を始めることをおすすめします。お父さんや父方の祖父母に薄毛の方がいたり、またはお母さんや母方の祖父母に薄毛の方がいたり、鏡を見て自分自身で抜け毛が増えた、髪に張りがなくなった、思春期以降に髪が薄くなった、額が広くなった、頭頂部が透けて見えるようになった、と感じたような場合は、AGAかもしれません。薄毛治療を検討して下さい。

2大治療薬


代表的な薄毛治療薬には、ミノキシジルとフィナステリドがあります。これらは2010年に日本皮膚科学会により発表された「男性型脱毛症診療ガイドライン」上で推奨されている治療薬です。
ミノキシジルは、当初アメリカで高血圧治療剤として開発された薬で、血管拡張効果がありますが、後に発毛効果があることが認められ、発毛剤に転用されて薄毛治療に用いられるようになったものです。世界で初めてアメリカ食品医薬品局に認可された薬で、効果の確実性は世界中に知られています。血流を向上させることで髪の毛母細胞の分裂スピードを上昇させて、弱っている毛根や、髪の毛を太く、長く成長させることができるため、壮年性脱毛症における発毛、育毛及び抜け毛の進行予防効果が期待できます。副作用としては、外用薬の場合は頭皮に痒みを生じさせる場合があります。また、ミノキシジルが溶解されている液体に対するアレルギーが見られる場合があります。本来血圧降下剤のため、低血圧や動悸などの循環器症状が起こることもあります。また、内服の場合は肝臓で代謝されますので、肝機能障害のある場合は慎重に投与しなければなりません。
フィナステリドは、当初前立腺肥大症の治療薬として開発された薬です。その後の研究により、AGAにおいて毛髪の成長が見られることが明らかになりました。現在ではAGAの治療薬として多くの国で登録されています。ミノキシジルのように生やす効果はありませんが、原因物質の働きを抑えて元々持っている髪の成長スピードに戻す働きがあります。副作用としては、性機能の低下や消化器系の症状などの報告があり、副作用が起こった場合は内服の中止、あるいは勃起不全薬を併用することで改善します。こちらも内服の場合は肝臓で代謝されますので、肝機能障害のある場合は慎重投与となります。
今後も良い薄毛治療薬が開発されることが期待されています。薄毛に悩んでいる方は、是非薄毛治療クリニックで相談して下さい。無料相談を受け付けているクリニックもありますので、まずは検索してみると良いでしょう。

次の記事へ

無料カウンセリング

AGA治療・発毛治療に関するお問合せ

AGA治療なんでもQ&A

池袋AGAクリニック 診療時間・アクセス

■診療時間・診療日
 こちらをご覧下さい。
■無料カウンセリング予約
【TEL】03-6914-1616
【インターネット】
 こちらからご予約下さい。
東京都豊島区東池袋1-7-5
池袋イースタンビル6F
詳しい地図を見る
PAGE TOP