池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

【池袋AGAクリニック】

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

【池袋AGAクリニック】 ホーム > コラム > 薄毛の原因はどこにあるのか調べるagaの診断

薄毛の原因はどこにあるのか調べるagaの診断

日本人の多くが悩むaga


現在薄毛で悩む日本人のうち、3人に1人はagaであると言われています。男性型脱毛症の略ではありますが、見た目だけでは分からない部分も持っています。一般的にはM字型やO型の進行が知られてはいますが、これらは特徴的な部分ではあるものの、agaでなくても起きる可能性があるからです。加齢とともに薄くなってしまっている場合や、頭皮環境や生活環境といった問題も薄毛につながってくるのですから、見た目だけで判断はできないと言えるでしょう。その中で、はっきりとした原因として分かっているのは、男性ホルモンが関係しているということです。この判断ができるようになっていけば、agaであるかどうかを診断することができるようになります。
診断を受ける場合には、まずは専門カウンセラーにカウンセリングを実施してもらいます。質問に答えながら、いろいろな方面から状態を探っていくことになります。髪の毛の状態もありますが、生活習慣も重要なポイントです。ストレスによっても、薄毛は引き起こされることがあるため、ストレス度合いのチェックも重要となってくるでしょう。一人一人の現在の状態を知るためにもカウンセリングは大切になります。
その後、治療を希望するのであれば、頭部の写真撮影を行い、診察に入ります。専門の医師から治療内容についての詳しい説明を受け、血液検査を受けることになります。この血液検査により、治療薬が安全に使用できるかどうかを判定できるようになっています。希望すれば、遺伝子検査も受けることができます。身内に同じような症状のある人がいる場合は、遺伝子についても気になっているかもしれませんので、医師に相談してから決めると良いでしょう。
こうした検査結果を踏まえて適切な治療方法を見つけ出すことができますので、安心で安全な治療になっているのです。

自分で使うことができる診断キット


agaの診断基準ということでは、遺伝ということははっきりとしていません。遺伝子検査を受けることができますが、薄毛は隔世遺伝であるといったことも言われる中、絶対そうだといえる根拠はまだ見つかっていないからです。そのため、いつごろから症状が出始めたのかといったことも重要になってくるでしょう。国際基準もあり、どこまで軟毛化しているのかといったことでも診断ができるようになっています。さまざまな条件から分析を進めていきますので、agaなのかどうかがはっきりとすることでしょう。

クリニックで診断を受けるという大きな意味


クリニックで診断を受けるということは、単にagaかどうかということにとどまりません。血液検査をする理由のひとつにもなりますが、これから治療に使う薬が問題がないかどうかも検査対象にしているということです。実際に薬を個人輸入などで手に入れて使うという人もいますが、自分の体に合っているかどうかということを判断せずに使うことは危険だということを認識するべきでしょう。その点で、医師のもとで進めることができるということは、安全に薬も使っていくことができるということです。
薬は体に効果を発揮させることができますが、その反面で副作用が出ることもあります。副作用が出るかどうかや、出た時の症状は個人によって差がありますので一概には言えませんが、もしも薬が体質に合わなかったときは健康を害してしまう副作用が表れることもあります。薬の効果が強ければ、それだけ副作用も強くなる恐れがありますので、安心して使えるように医師の診断のもとで使っていくことが重要です。
医師のもとで診断を受ける前に、カウンセリングを受けられるということも大きな意味があるでしょう。薄毛になるというだけでも悩みを抱えることになっているはずです。その中で、どういった治療をするのか考えていくのですから、話をするだけでも、これまでのストレスが軽減できることでしょう。実際に無料でのカウンセリングを行っているところも多数ありますので、自分で判断するのではなく、一度カウンセリングだけでも受けてみると良いでしょう。早期の治療がagaでは重要になってきます。症状が進んでしまうほど対応が難しくなっていきますので早めにスタートすることが大切です。

次の記事へ