池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

【池袋AGAクリニック】

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

【池袋AGAクリニック】 ホーム > コラム > 薄毛の種類と男性型脱毛症、AGAの原因と自己チェック法

薄毛の種類と男性型脱毛症、AGAの原因と自己チェック法

薄毛の種類と特徴



多くの男性が悩まされている薄毛ですが、実は原因の違いからいくつかのタイプに分類されます。効果的な対策をするには自分がどのタイプなのか、しっかりと把握しておくことが大切です。それではタイプごとの原因や特徴を見ていきましょう。

まず最初に、男性の脱毛症のタイプで最も多い男性型脱毛症、AGAを紹介します。実に成人男性の3人に1人、日本では1200万人以上がAGAだといわれています。AGAには男性ホルモンが大きく影響していて、男性の脱毛症では最初に疑うべきタイプになります。AGAの原因や予防法については、後の章で詳述したいと思います。次に紹介するのが、女性男性型脱毛症、FAGAです。瀰漫性脱毛症とも呼ばれるFAGAは、いわば女性のAGAともいえる症状です。加齢によって女性ホルモンが減少することで男性ホルモンの影響が相対的に強くなるのが原因だといわれています。他にも、ストレスやダイエット、ピルの服用などの影響もあるとされています。

若年性脱毛症は10代から30代といった若い世代に発症するタイプの脱毛症です。このタイプの脱毛症は、ストレスや生活習慣が最も大きな要因になります。対策としては、ストレスを上手に解消し、生活習慣を改善することが大切です。脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰分泌が影響した症状で、少し珍しいタイプの脱毛症です。ホルモンバランスの乱れで皮脂の過剰分泌をまねいてしまい、頭皮や毛穴にいる菌を減少させてしまうことが原因です。対策としては、洗髪時にしっかりと皮脂を落とし、脂肪分を抑えた食生活を心がけることが重要です。他にも、フケが原因となって発症する粃糠性脱毛症や髪を強く引っ張ることで発症する牽引性脱毛症などがあります。



AGAの原因



AGAによる薄毛はテストステロンとジヒドロテストステロンという2つの男性ホルモンが大きな影響を及ぼしています。人間の毛乳頭には5αリダクターゼと呼ばれる酵素が存在しています。この酵素がテストステロンに作用することでジヒドロテストステロン、略称DHTに変化します。DHTには、毛母細胞へ発毛を促す信号を弱める効果があり、これによってヘアサイクルを乱してしまうのがAGAの原因だといわれています。

AGAは進行のしかたによって3つの種類に分類されます。一つは、髪の生え際から進行するM字タイプです。こめかみあたりから進行して生え際がM字のようになるのが、この名称の由来です。このタイプは特に進行が早いので、異変に気づいたらすぐに対策することをおすすめします。頭頂部から進行するタイプがO字型です。最初は小さなO字型の脱毛ですが、次第に大きくなっていきます。このタイプは鏡で正面から見ただけではわかりにくく、気づいたときにはかなり進行してしまっている場合が多いので注意が必要です。前頭部から丸く進行していくタイプがU字型です。M字型と似ていますが、中央部の進行も激しいところが大きな違いです。

どのタイプも最終的には、側頭部と後頭部を残すのみという状態になります。以上のようなAGAの兆候が見られた場合、できるだけ早く治療を始めることが大切です。



AGAの予防と自己チェック法



AGAによる薄毛は遺伝的な要因だけでなく、ストレスや生活習慣も影響しています。したがって、遺伝的な要因がない人でもAGAになってしまう可能性はあります。ここではAGAの予防に効果的な食生活について紹介します。

まず、髪の99パーセントはタンパク質からできています。タンパク質は体内で作ることができないので、食べ物から摂るしかありません。これが不足すると髪が細くなったり、抜け毛が増えてしまいます。次に、薄毛対策で最も重要とされている栄養素が亜鉛です。亜鉛は前章でも紹介した5αリダクターゼを抑制する効果があります。しかし、日本人男性の90パーセントは亜鉛が足りていないといわれています。

髪に悪い食生活としては、揚げ物やスナック菓子などの脂分の多い食品の摂りすぎは髪に良くありません。脂分の多い食品の過剰摂取は血液をどろどろにし、その結果、髪に必要な栄養が頭皮まで届きにくくなってしまいます。アルコールの過剰摂取による肝機能低下やインスタント食品に含まれる添加物も髪に悪影響を及ぼします。他にも、睡眠時間の確保やストレスを溜めないことも大切です。

自分でAGAかどうかをチェックする方法を紹介します。薄毛には多くの種類があるので、これらの方法だけで断定することはできませんが、ひとつの目安にはなるでしょう。まず、生え際や頭頂部の髪にボリュームがない場合や額が広くなったり、抜け毛が多くなったりうぶ毛が混じっていたりする場合はAGAの可能性があります。また、抜け毛の状態を見ることでもある程度AGAを判断することができます。自然脱毛の場合は根元の部分がまるく膨らんでいますが、AGAによる脱毛の場合は根元は膨らんでなく、よく見ると白い糸状のものが見られます。これらの項目に当てはまる場合、AGAの疑いがあります。AGAの疑いがある場合は、専門のクリニックでの治療をおすすめします。できるだけ早い段階で治療を始めたほうが良い結果が得られるでしょう。

次の記事へ