池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

【池袋AGAクリニック】

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

【池袋AGAクリニック】 ホーム > コラム > AGAと普通の薄毛の違い

AGAと普通の薄毛の違い

AGAの悩み


年齢を重ねると、白髪とともに毛髪が細くなり抜け毛も気になりはじめます。特に男性では、若いうちから部分的な毛髪の薄さに悩まされる人がいます。頭頂の毛髪が薄くなったり、額が広くなったように感じるものと加齢によるものは種類の違う薄毛です。AGAは、男性ホルモンが関与する薄毛で、治療可能と言われています。それでは原因と対策についてご紹介いたします。



ヘアサイクルと薄毛



毛髪は一定期間を過ぎると自然と抜け落ちます。新しい髪の毛が生えて、抜け落ちるところまでがヘアサイクルです。毛根は胎児の時につくられて、成長しても数が増えることはありません。毛髪トータルの量は一生変わりません。



ヘアサイクル



髪の毛にも寿命があります。毛髪の寿命は約4年から6年と言われています。この毛髪の一生が「ヘアサイクル」です。

ヘアサイクルのほとんどの期間が「成長期」です。毛母細胞が活発に分裂して髪が伸びる期間です。この期間が長ければ髪の毛は長く太く成長します。ヘアサイクルの9割がこの成長期と言われています。正常な毛髪は、ほとんどの期間、成長を続けています。

成長期が終わると、「退行期」に入ります。成長が止まる期間です。退行期はおおむね2週間から3週間です。毛髪は成長をやめ、伸びることも太くなることもありません。徐々に毛根が縮んできます。

次は「休止期」です。休止期は数ヶ月間続きます。毛根の萎縮がさらに続き、その下には新しい毛根が育っています。新しい毛根が古い毛根を押し出す形で、新たなヘアサイクルが始まります。この時、押し出された毛髪が抜け毛です。

ヘアサイクルは一本一本の毛髪によってタイミングが違うため、ヘアサイクルが正常に行われている間は髪の毛の量はほぼ一定です。



薄毛とは



薄毛には2つのケースがあります。

ひとつめは、ヘアサイクルに異常をきたし、成長過程の短い毛が従来のヘアサイクルよりも早い段階で抜け落ちてしまうケースです。毛髪は短く細い状態のままで、短いサイクルで生え替わります。正常な毛髪と違い毛根も痩せています。

別のケースでは、休止期に、新しい毛髪に押し出される前に自然に抜け落ちてしまい、その後、次の毛髪が生えてくるまで無毛の状態が続く場合です。生えかわるはずの新しい毛髪が生えてこないのです。

1日あたり50本から100本ぐらいの毛髪は自然に抜け落ちます。普段とは違い、現在のヘアスタイルに対してあまりにも短い毛髪や、細い毛髪が抜けてくる場合は薄毛のサインの可能性があります。



AGAの特徴と定義



加齢によって毛髪が薄くなるものとAGAは違います。



AGAの特徴



進行性の男性型脱毛症です。遺伝が関係する場合が多く、医療機関での問診では家族歴の聞き取りが行われます。より確実な診断のために遺伝子検査が行われる場合もあります。

加齢によって頭髪全体が薄くなるのではなく、脱毛の仕方に特徴があります。頭頂部や額の生え際といった、特徴的な部分の毛髪が、柔らかく細くなってからゆっくりと抜け始めます。毛髪の根元である毛包の成長途中で脱毛するために、抜け落ちた毛髪は細く短い毛です。



AGAの初期症状



発症直後から毛髪が急に薄くなるなるのではなく、気がつかない間に徐々に少なくなり、以前より額が広くなったと感じられたり、頭頂部の毛髪が少ない状態になっています。初期症状に早く気がつけば、治療も早く始めることができます。

抜け落ちた毛髪が細く短いということ以外には、髪質の変化も見られます。毛髪にハリやコシがなくなり、細く柔らかくなるといったことです。正常なヘアサイクルでも抜け毛はありますが、髪質の変化を伴う抜け毛には特に注意が必要です。

これらの症状が合わせて見られる場合は、AGAの可能性が高いです。早めに医師の診察を受けることをおすすめします。



AGAの定義



男性ホルモンの1つテストステロンと酵素5α-リダクターゼが結びついてジヒドロテストステロンを代謝します。このジヒドロテストステロンが、毛乳頭と結合してヘアサイクルを早め、毛髪は異常な速さで生えては抜けることを繰り返します。男性ホルモンの関与による脱毛です。診察では、拡大鏡や視診で毛の細さや生え方を診ます。血液検査が行われることもあります。専門医の診察で確定診断が行われます。



AGAとその他の薄毛との治療とその違い



加齢が原因の抜け毛やその他に原因のある抜け毛と違い、AGAでは脱毛スピードが早くなります。ですが、原因がはっきりしているので、気がついた時に早めに治療を開始することで改善、または脱毛を抑制することが期待できます。普段から毛髪の状態に気をつけ、変化を感じたら、脱毛の原因を探しましょう。原因を特定することができれば、医師によって治療方針が決められます。専門医の診察を受けると良いでしょう。

加齢とともに毛髪が薄くなるのは、毛髪の老化現象の現れです。加齢による脱毛は、毛髪だけでなく身体全体の毛が薄くなります。身体の他の部分を観察することで、何が原因で毛髪が少なくなっているのか予想することができると言われています。

ストレスや生活習慣の乱れ、血行不良で脱毛が起こっている人も少なくありません。円形脱毛症のように特徴的な症状が現れる場合もあります。生活のリズムを整え、生活環境、食生活を見直すことで改善が期待できます。円形脱毛症の場合は他に原因がある場合もあり、医師の診察と治療が必要になります。

病気のために一時的な脱毛がある場合や治療や薬による副作用で脱毛があることもあります。これらの脱毛は、もとの病気が治癒すれば自然と回復する可能性があります。脱毛自体がストレスになりますので、主治医とよく話し合うことが必要です。



まとめ

年齢を重ねると、毛髪が少なくなるのは仕方ないとあきらめてしまいがちです。しかし、原因が分かれば専門医の指導のもとで、改善、抑制が可能と言われています。早期発見早期治療が大切です。年齢に関わりなく、脱毛や髪の毛の薄さが気になったら、まずは専門の病院で診察を受けましょう。

次の記事へ