【予約受付時間】
木曜・金曜日 12:00~19:00
土曜・日曜日 12:00~18:00

03-6914-1616

AGAの治療とともに栄養が必要な理由

AGAの治療とともに栄養が必要な理由


AGA対策は薬だけではない



現代社会ということを考えた場合、薄毛ということが大きな問題となり、悩みとして抱えてしまうことは珍しいことではなくなりました。そこにはさまざまな要因が存在し、問題は複数絡み合ってしまうことで、対策もしにくくなることは珍しいことではありません。若年層でも見られるようになりましたが、どうしてもストレスとなってしまうことで、さらに悪化してしまうとともに、多くの問題として抱え込んでしまうことも出てきます。発毛対策として考えても、さまざまな方法が開発されてきてはいるものの、自分に合った方法でなければ、効果が出てこないということもあるでしょう。

AGAで悩むということも、現代社会でははっきりとした問題になってきています。男性型脱毛症と呼ばれるものであり、一般的な脱毛に対する対応だけでは効果をあげることができない症状です。なぜならば、背景にあるのは男性ホルモンであり、抑制しながら進めなければ、いつまでたっても効果をあげることができないからです。薬を使って治療していく方法であり、AGA治療と呼ばれる専門の方法を使っていかなければ、対策として成立しないところが問題です。

実際に男性ホルモンであるジヒドロテストステロンがかかわっているため、原因物質を抑え込み、発毛サイクルを正しいものへと導く必要が出てきます。発毛サイクルに乱れが出てくることにより、栄養があってもうまく使われることがなくなり、どんどん狂っていってしまうということも考えなければいけません。ここで考えなければいけないのは、髪の毛も体の一部であるということです。男性ホルモンを抑えることができたとしても、髪の毛を作り出すための準備をしなければ、効果は半減してしまうということを忘れてはいけません。



たんぱく質を必要とする意味



髪の毛には発毛サイクルというものが存在します。成長していく段階もあれば、休止して栄養を蓄えている時期もあるということです。いつでも伸びているわけではありませんが、この中で成長している時期を極端に短くし弱々しい髪しか生えなくなって行ってしまうのがAGAの問題点です。これを薬で改善させることは、そこまで難しいことではなくなりました。専門医の下で進めていけば、薬剤投与によって改善を見ることができるからです。そこで、次は健全な髪が生えるようにするということを考えていかなければいけません。

髪の毛は頭皮の中で作られていくことになりますが、黙って待っていても生えていくわけではないということを考えなければいけないでしょう。そこには、体のほかの部分と同様に栄養がなければ作られることがありません。つまり、薬がいくら効果をあげようとも、体の中に栄養がなければ、髪の毛はうまく育っていくことがないということです。

髪の毛を作り出していくためには、たんぱく質が必要になります。髪の毛を構成している主要成分はたんぱく質だからです。人間の体を構成している栄養素であり、さまざまな部分で使われていますが、これがなければ始まりません。ですが、人間の体の中で、他に使わなければいけない部分がたくさんあります。髪の毛は後回しになってしまいやすい部分であるため、ダイエットをしていたり、筋トレをしていたりする場合には、なかなかうまく使われません。これも必要とされる順番が低いということが問題となってくるため、いったい何が重要なのかを考えて、AGA対策とともに摂取を考えていく必要があるでしょう。



大事な亜鉛



髪の毛を作る栄養素は、たんぱく質だけで済むわけではありません。たんぱく質を吸収してもらわなければ意味がないため、促進させるためにはビタミン群が必要となります。細胞の活性化を促しながら、たんぱく質の吸収を高めさせることができるのがビタミン群の役割です。優秀な栄養素となることからも、AGA治療とともに考えていかなければいけない栄養素となるでしょう。これもダイエットなどをしていると不足しやすいことがわかっています。もうひとつ問題となるのは、喫煙でも分解されてしまうということです。ストレスという問題も抱えますので、髪の毛を生やしていきたいと考えるのであれば、AGAの対策とともに禁煙も考えていかなければなりません。偏食ということも原因となってくるため、食生活の改善も必要となります。

もうひとつ忘れてはいけない栄養素が、亜鉛です。どうしても薬で治療すればいいと思ってしまいますが、たんぱく質の吸収を高めるだけではなく、AGAの原因となる男性ホルモン抑制にも効果をあげることがわかっています。ですが、亜鉛はどうしても不足がちな部分を持っており、失いやすい性質を持っていることも考えていかなければいけないでしょう。ストレスを感じると大量に消費されますし、お酒を分解するときにも大量に使われます。日常の生活ということも考えていくと、積極的に摂取を考えていかなければいけない部分がある栄養素です。なかなか摂取することが難しく、豚のレバーや牛もも肉にも含まれてはいるものの、かなりの量を摂取しないと必要量に届かないということも忘れてはいけません。

薄毛の対策ということでは、さまざまなことを考えていかなければいけないでしょう。栄養素も簡単に対策できることではありませんので、生活を見直しながら考えていくことが大切です。

次の記事へ

無料カウンセリング

AGA治療・発毛治療に関するお問合せ

AGA治療なんでもQ&A

池袋AGAクリニック 診療時間・アクセス

■診療時間・診療日
 こちらをご覧下さい。
■無料カウンセリング予約
【TEL】03-6914-1616
【インターネット】
 こちらからご予約下さい。
東京都豊島区東池袋1-7-5
池袋イースタンビル6F
詳しい地図を見る
PAGE TOP