池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

【池袋AGAクリニック】

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

【池袋AGAクリニック】 ホーム > コラム > AGA治療が気になるなら無料カウンセリングを受けてみよう

AGA治療が気になるなら無料カウンセリングを受けてみよう

髪の毛が抜ける悩みは年齢など関係ない


テレビコマーシャルを見ても分かるように、薄毛で悩むのは年を重ねた男性だけではありません。若い男性も悩んでいますし、女性でも髪の毛が薄いことが大きな悩みになっている方もいます。現在では研究が進んだことで、一言に薄毛といっても原因や症状が様々であることが分かってきました。
最近よく目にするようになったAGA治療とは、AGAの症状に合わせた治療の一つです。無料カウンセリングを行なっているクリニックも多々あります。AGAは年齢に関係のない薄毛の症状で、頭のてっぺんから薄くなっていくO型の薄毛や、おでこから徐々に髪の毛が薄くなっていくM型の薄毛が一般的ですが、この二つが同時に進行する複合型の薄毛もあります。

AGAの原因としてはDHTと呼ばれるジヒドロテストステロンという、男性ホルモンが酵素によって変換されて生まれたものが、髪の毛を育てるサイクルを乱していることが要因になっています。

どんな治療法が一般的なのか


よく目にしたり耳にしたりする機会が多くなってきたとはいえ、周囲で無料カウンセリングや治療を受けた経験がある人がいなければ、まだまだ身近とは言いにくいのが現状です。もし治療を受けていたとしても、治療中であることを人に言いにくいと答える方も少なくありません。そんなとき頼りになるのがインターネットの情報です。
治療法の一つに東洋医学によって薄毛を治すAGA治療があります。中枢神経や脳が活性化されて治癒力が高まる治療法なので、AGA治療として東洋医学と西洋医学を同時進行させて治療を行う方法もあります。
クリニックの治療では薬を使った治療法が一般的で、一人ひとりの状態や症状に合わせて適した薬が処方されます。AGA治療が広く一般的に行われるようになったのは、ミノキシジル、フィナステリド、この二つの成分が発見されたことが背景にあります。
ミノキシジルが主成分になっている男性用発毛剤商品は、これはミノキシジルという成分が頭皮の血行を促進させる働きをもたらすためです。もう一方のフィナステリドはプロペシアという薬の主成分に使われています。髪の毛の発毛サイクルを正常に戻す働きがあるため、ミノキシジル・フィナステリドの異なる作用によりAGA治療が進んでいくことになります。
ミノキシジルはもともと血圧を下げるために開発された薬でしたし、フィナステリドはもともと前立腺肥大症のために開発された薬でした。それぞれの病気の治療で投薬していたところ、AGAの症状にも発毛の効果が現れ始めたことで、改めてそれぞれの成分をAGA治療のために開発したという流れがあります。

AGA治療で悩んでいるならまずは無料カウンセリングを


薄毛の悩みは本人にしてみればとてもつらい事ですが、周囲に相談しにくいというのもさらに悩みを深刻化させています。周囲からAGAに関する話があまり届いてこないことから、どんな治療が行われているのか、どんな効果が期待できるのかすら分かりません。だからこそ注目されているのが無料カウンセリングです。
無料カウンセリングでは、どのような症状で悩んでいるのか話をすると、どのような治療法があるのかについて説明があります。また、治療内容も詳しい説明がありますし、その治療にどのぐらいの期間を要するのか、どのぐらいお金がかかるのかも教えてもらえます。
無料カウンセリングを受けたら必ず治療を受けなければいけないという決まりはありません。自分の悩みを聞いてもらって解決法を教えてもらう手助けとして利用してみるのも良いでしょう。無料カウンセリングだけでも歓迎してくれるクリニックは多くあります。

カウンセリングを受けた直後やその日のうちに決断できないという話は珍しくなく、いったん家に戻ってじっくり考えた末に治療を受ける決断をしたという方も多くいます。初めての治療のことですから、誰もが同じように不安を抱いています。だからこそ無料カウンセリングを受けることが大切なのです。カウンセリングについては時間をかけて行う必要があるため予約を入れる必要があるので、自分の都合に合わせて予約を済ませておきましょう。
日ごろ別の病院で薬を処方してもらっている場合は、治療で使う薬や処方される薬との飲み合わせが問題ないかどうかを確認するためにも、お薬手帳を持参する必要があります。カウンセリングでも聞かれますが、アレルギーなどがある場合も正直に伝えてください。治療途中で体の調子が悪く感じるような変化があったときも気軽に相談をすることができます。少しでも不安を感じたときは一人で悩む必要はありませんので、クリニックと相談しながら治療を進めていきましょう。"

次の記事へ