池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

【池袋AGAクリニック】

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

【池袋AGAクリニック】 ホーム > コラム > AGA治療にかかる期間はどれぐらいか

AGA治療にかかる期間はどれぐらいか

男性にとって深刻な薄毛とAGAの問題



薄毛ということは、男性にとっては大きな問題となるでしょう。できることならば、だれもがなりたくはないものです。ところが、近年AGAが大きな問題となってきています。AGAは、男性ホルモンを起因とする薄毛であり、単に髪の毛が薄くなるというものではありません。男性ホルモンによって、髪の毛が生えにくい状況が作られ、確実に薄毛になっていくのですから深刻です。それも、一般的な薄毛治療では止めることができず、男性ホルモンの抑制を進めていかなければいけません。リスクもいろいろと出てきますが、AGAは治療して行くことで止めることも可能です。ですが、自由診療ということもあり、かなりの費用も必要とします。内服薬や外用治療も含め、出費が重なっていくことになるでしょう。そうなると、「いったいいつまで治療を続けていかなければいけないのか」、それとも「一生付き合い続ける必要があるのか」と考えてしまうようになるのです。

期間ということでは、いくつか考え方があります。たとえば、効果を感じることができるようになるまでの期間ということもあるでしょう。「薄毛にならなくなるためには、どのくらいかかるのか」という意味も出てきます。それぞれ重要ですが、AGAがどういったものなのかを良く認識して治療をスタートすることが重要となってくるでしょう。



効果を感じることができるようになるまでは



AGAは、男性ホルモンが起因となり、薄毛が進行していく症状が見られます。この治療としておこなわれていくのがAGA治療ですが、効果を感じることができるようになってくるには、服用開始から半年というのがひとつの目安です。早い方では、3カ月目あたりから効果を感じることができるようになりますが、この期間にはちゃんと理由があります。AGAであっても、まったく毛が生えてこないというわけではありません。特定の部位にはしっかりと生えてきます。ここには、毛周期という問題がかかわっていることに注目しなければいけません。毛周期には、毛が生えて目に見える時期と、毛を作り出すために準備をしている時期があるため、一見生えていなくてもあとから生えてくる可能性があります。AGAの内服薬を飲んだとしても、この毛周期に影響されてしまうため、生えてくるまでには時間が必要です。半年というのも、この毛周期に関わる部分といえます。毛周期はだいたい8カ月で一周すると考えられており、その大半は抜け落ちて力を貯めている休眠の状態です。それを薬の力で休眠しているような状態を起こし、髪の毛が生える準備をしなければいけないということになります。人によっては、これが1年かかることもあります。だからこそ、だいたいの方が半年、長くかかるのであれば1年ということになります。

実際には、軽症な場合ほど早く効果を感じることができるといえます。まだ、男性ホルモンの影響が少ない段階ですので、毛周期的にも効果が出やすいからです。もちろん、重症化した場合には時間は余計にかかるようになります。臨床結果的には、98パーセントの方が3年以内に効果を感じ、薄毛という状態を改善できたというデータもありますので、このぐらいの期間は様子を見るべきだといえます。

次の記事へ