【予約受付時間】
木曜・金曜日 12:00~19:00
土曜・日曜日 12:00~18:00

03-6914-1616

agaの薬代は高い?少しでも安くする方法はある?

agaの薬代は高い?少しでも安くする方法はある?

agaの場合保険適用がきかない



コマーシャルなどでもよくagaについて紹介しています。男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの影響で薄毛になってしまう症状です。日本人男性のうち、3人に1人がこの症状に悩まされているといわれています。少し前までは薄毛になってしまったらあきらめるしかないと思っていたでしょうが、毛根が残っていれば適切な治療をすることで治療できる可能性が出てきています。

今では日本全国にagaの専用外来があります。agaは専門のクリニックで治療すれば、改善効果も高く期待できます。しかし問題になるのは、治療費がどうしても高くなってしまう点です。通常風邪をひいたときなど医療機関で治療を受けると、3割のみの負担で残りは保険組合が負担してくれます。しかしこの保険適用されるのは、治療しないと命にかかわるような重大な病気の場合です。agaの治療は、それをしないと生命にかかわるような重大なものではないでしょう。どちらかというと審美的な観点で行う治療なので、自由診療扱いになります。自由診療の場合、治療費は全額自己負担となってしまいます。その結果どうしても治療費が高額になってしまうのです。

では具体的にどのくらいかかるかですが、一般的には投薬治療を行うことが多いです。投薬治療はagaの中では比較的安いです。しかしそれでも風邪薬などと比較すると薬代はどうしてもかかってしまいます。例えばプロペシアという治療薬を使った治療があります。プロペシアには抜け毛の元凶といわれているジヒドロテストステロンの分泌を抑制する効果があります。こうすることで、agaの症状進行を抑制できるわけです。プロペシアの薬代ですが、クリニックによって変わります。しかし薬代の相場として、だいたい2万円から3万円弱程度のお金はかかってくるでしょう。1か月当たりの費用ですが、一般庶民にとって決して小さな出費ではないでしょう。



医療費控除の手続きをすれば還付を受けられる可能性も



このように自由診療のaga治療の場合、薬代は全額自己負担になります。しかし支払った薬代を後々取り戻すことが可能です。それは医療費控除を受ける方法です。医療費控除とは保険診療外の医療費を1年間で10万円以上かかった場合、その10万円を差し引いた金額の10%が還付される制度です。1月1日から12月31日までの1年間で10万円を超える医療費を使った場合ですから、例えば上で紹介した薬代の相場を当てはめてみると、月々2万円の薬代を毎月出した場合、医療費は24万円となります。すると還付される金額は(24万-10万)×10%ですから1万4000円が戻ってきます。結構大きな金額でしょう。もし家族持ちの場合、家族の保険診療外の医療費も合算できます。ちなみに合算できる家族は親族6親等・姻族3親等以内となります。家族で自由診療の治療を受けた場合には、それも含めて医療費控除の手続きをすれば、かなり大きな還付金を受け取れる可能性も出てきます。

ただし医療費控除で還付されるのは、年間200万円までが上限となりますので注意しましょう。またあくまでも医者の診察を受けて、薬の処方を受けた薬代が対象です。例えばドラッグストアや通販で育毛剤を購入したとか、海外のaga治療薬を個人輸入したといった場合には医療費控除の対象にはなりません。



医療費控除の手続きは税務署で行うこと



医療費控除をする場合には、税務署で手続きをする必要があります。税務署で手続きをする際には、必要書類を取りそろえておきましょう。医療時控除に関する記載のある確定申告書と源泉徴収票、そして薬代を支払った際に受け取った領収書が必要です。毎月処方を受けた場合には、このすべての領収書が揃っていないと全額控除にはなりません。そのほかには治療しているクリニックの先生にお願いして処方箋や育毛治療を行ったことの証明になる診断書を作成してもらいましょう。ちなみにaga治療を行うにあたって、公共交通機関やタクシーを使った場合も控除の対象です。タクシーを利用した場合には、領収書を発行してもらうようにお願いしましょう。この中で注意しなければならないのは、薬代に関する領収書でしょう。中には受け取ってそのまま捨ててしまう人もいるかもしれません。しかし医療時控除の手続きをするのに欠かせない証拠なので、保管しておくことです。

また医療費集計フォームに必要事項を記入して、書類作成する必要もあります。こちらは税務署で職員に伝えれば用紙を準備してくれます。そのほかには国税庁のホームページで医療集計フォームはダウンロードできます。データになっているのでプリントアウトして手書きでもいいですし、パソコンにダウンロードして必要事項を入力してからプリントアウトすることも可能です。パソコンがあれば自宅で作成すると、税務署での手続きを簡略化できます。平日の日中でないと受け付けていないので仕事をしている人は大変かもしれません。しかし無視できないお金が返ってくるかもしれないので、仕事の合間を利用して医療費控除の手続きをするといいです。

次の記事へ

無料カウンセリング

AGA治療・発毛治療に関するお問合せ

AGA治療なんでもQ&A

池袋AGAクリニック 診療時間・アクセス

■診療時間・診療日
 こちらをご覧下さい。
■無料カウンセリング予約
【TEL】03-6914-1616
【インターネット】
 こちらからご予約下さい。
東京都豊島区東池袋1-7-5
池袋イースタンビル6F
詳しい地図を見る
PAGE TOP