池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

池袋AGAクリニック

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

時間のかかるAGAの治療期間の理由は

薄毛で悩んでいるのであれば早期の対策を

薄毛に悩んでいると、できるだけ早く解決できる方法を見つけたいと考えるでしょう。これは当然のことです。そのために、治療を始めるなどするわけですが、すぐに効果が出ると思う人も多いかもしれません。特にAGAのような原因を抱えていると、治療すればすぐに生えてくるものだと考えることもあるでしょう。ところが実際にはそう簡単に生えてはきません。治療期間については個人差も当然出てくることになりますが、実感することができるようになるまでに、半年はかかってしまいます。もっとかかってしまう人もいるのが現実ですので、1年単位で考えていかなければいけないでしょう。途中で辞めてしまい、あきらめる人がいるのもこの時間が要因であることは間違いないでしょう。 ですが、大きな問題として、こうした治療期間がかかるということを認識していなかったということがあるでしょう。認識していれば、もっと早くから始めたのにと思う人もいるはずです。実際にAGAでも軽度であれば、もっと早く効果を感じることができるようになります。 そもそもAGAが男性型脱毛症であるという問題も重要です。単に薄くなってしまった、加齢による薄毛といったこととは大きな違いがあることも認識しなければいけません。違いがわかるようになると、おかしいと思った段階から対策ができるようになり、治療開始からその効果を実感するまでの時間も短縮することができるようになっていくでしょう。

AGAの問題となる男性ホルモンの影響

AGAとは、男性ホルモンの一種を起因とした男性型脱毛症のことをさしています。ただし、すべての薄毛がAGAというわけではなく、その中の一部であるといえます。特徴的な症状のパターンを持っているということが重要です。前頭部の額の生え際から後退していくパターンと頭頂部からアルファベットのOのように薄くなるパターンがあります。この二つが同時に起こってくることもありますが、こうした薄毛の多くはAGAであると考えられます。年代が若いころから起きることが多く、男性ホルモンが強く影響している状態です。男性ホルモンのひとつにDHTと呼ばれるジヒドロテストステロンと呼ばれる物質があります。これが髪の毛の成長期を大幅に短縮させてしまう要因となってしまい、AGAにつながります。 髪の毛にはサイクルが存在しますが、これを毛周期と呼びます。その中でも成長期の期間が重要になります。通常なら2年から6年もあるものなのですが、AGAでは数カ月から1年という極端に短い時間にしてしまうのが問題です。成長期が終わると、髪の毛は自然に抜け落ちてしまうことになるため、育たないまま抜けてだんだんと薄くなってしまうのがAGAの正体といえるでしょう。この流れがわかるようになってくると、治療期間が長くなってしまうという理由が見えてくるようになっていきます。

治療期間に影響を与える毛周期

成長期を極端に短いものにしてしまうAGAの場合、どうしても髪の毛は育ちません。薬を使い、問題のある男性ホルモンを抑制していくことになります。抑制することによって、正常化するようになっていきますが、毛周期が短くなって育たなくなった産毛のような毛は抜け落ちることになるでしょう。この部分は退行期と呼ばれるプロセスに入り、休止期に戻っていき、力を蓄えてから成長期と戻ってきます。しかし、現在成長期ではない休止期に入っている髪の毛は、AGAの影響を受けることなく育てることができるため、これが生えてくるタイミングを待たなければいけません。つまり、この周期の分だけ効果が表れるまでの治療期間は続くということになります。 実際の毛周期は、男性の場合で3年から5年あると考えられているところも重要です。サイクル全体の中で成長期が8割を占めるといわれていますが、休止期に関しても3カ月から6カ月は占めています。この期間を考えると、しっかりとした髪の毛が生えてくるまでには時間がかかるということがわかるでしょう。薬を使ったからといって、いきなり生えてくることなどないということです。 もうひとつ重要なこととして、一度薬を飲んだからといって男性ホルモンがいつまでも抑制され、永遠に問題がなくなるわけではないことを忘れてはいけません。男性ホルモンは常に分泌されていくことになるでしょう。薬を止めてしまえば、また影響を受けることになってしまいます。これを考えるとわかりますが、一度治療を始めたのであれば、続けていく必要があるということです。継続していくことが、最大の対策となってくれますので、発毛を実感できるようになっても、薬を飲み続けていくことになるでしょう。止めた瞬間に逆戻りしたくないというのであれば、頑張って続けていくことが一番です。 薄毛になってしまい、精神的につらい時間を過ごすことを考えると、薄毛治療をして対策を売っていくことは重要な意味があります。対策は簡単ではありませんし、治療期間も長くなります。ですが、薄毛で悩み人の目も気にするよりは、健全な生活を送ることができるようになるでしょう。

コラム

【薄毛改善】しっかりとした頭皮マッサージで薄毛の改善を!
ゼネラルリサーチが行なった「薄毛対策に関する意識調査」によると、薄毛の対策をしている男性の割合は20代で22.7%、40代では21.9%という結果が出ました。[
【注意】個人輸入(輸入代行者)のAGA治療薬に潜むリスクを知ってもらいたい
薄毛でお悩みの方にとって、AGA治療薬は非常に心強い味方です。 自分に合ったAGA治療薬を見つけることができれば、かなりの効果を期待できるかもしれません。 AG
季節による抜け毛の影響はあるのか
抜け毛に悩んでいる人は数多くいますが、ある季節になると抜け毛が増えているように感じる人も少なくないかもしれません。これには、季節ごとの生活の変化や紫外線量などと
今から始められる薄毛対策の色々
薄毛は年齢的な衰えが原因とは限りません。早い方では20代から薄毛が始まってしまう方もいます。様々な原因で毛根が弱くなってしまう事が薄毛の要因とされていますが、早
薄毛や抜け毛に効果のあるAGAの治療法
薄毛や抜け毛などの髪の毛の悩みは、なかなか人には言えないことです。薄毛や抜け毛などの原因は人によって異なり、ストレスや不規則な食事や睡眠不足、加齢や遺伝や男性ホ