池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

【池袋AGAクリニック】

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

【池袋AGAクリニック】 ホーム > コラム > ヘアサイクルの乱れはAGAの原因に。ヘアサイクルの仕組みと改善方法

ヘアサイクルの乱れはAGAの原因に。ヘアサイクルの仕組みと改善方法

皆さんは「ヘアサイクル」という言葉をご存知ですか?簡単に説明すると髪の毛の生え変わりのサイクルですが、「AGA(男性型脱毛症)」の原因の一つなのです。

そこで今回は「ヘアサイクルとは何か」「ヘアサイクルの乱れの原因」「ヘアサイクルとAGAの関係」の3つに絞って説明します。

「最近抜け毛が増えてきたかも」と不安な人は、ぜひ一度目を通してみて下さいね。

髪が抜けるのは当たり前


髪が抜けることに対して不安に感じている人もいるでしょうが、実は人間の髪が抜けるのは当たり前なのです。まずは抜け毛に関係している「ヘアサイクル」についてから説明していきましょう。

ヘアサイクルとは


ヘアサイクルとは、髪が生えてから自然に抜け落ちるまでのサイクルのことです。毛周期と呼ばれる場合もあり、サイクルは「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分かれています。

毛根から生えている髪は成長期に向けて太く・長くなり、退行期に入るとだんだん根元の「毛球」が小さくなって抜けやすくなるのです。そして休止期の間に髪が抜け落ち、成長期に入ると再び生えてくるというサイクルとなります。

休止期に入ると髪が抜けるのは自然な流れなので、ヘアサイクルにより髪が抜けるのは当たり前なのです。

ヘアサイクルの回数制限


年齢が進むにつれて髪の毛の量が減るのは、ヘアサイクルに回数制限があるからです。ヘアサイクルの回数は無限ではなく、一定の回数を超えると毛根から髪が生えてこなくなります。

回数には個人差があり、少ない人もいれば多い人もいるので、加齢によって薄毛になる人とならない人に分かれるのです。

ちなみに成長期は2〜6年、退行期は2週間、休止期は3〜4ヶ月の期間になります。ヘアサイクルは一生涯で15回程度なので、期間が長い毛根は100年以上までサイクルを続けますが、短いと30年で寿命がきてしまうということです。

ヘアサイクルの乱れとその対処法


ヘアサイクルは健康な毛根なら15回程度のサイクルですが、様々な原因によりサイクルが乱れる場合もあるのです。その原因と対処法を説明します。

ヘアサイクルが乱れる原因


ヘアサイクルの乱れとは、成長期が通常より長くなったり、休止期がなくなったりすることです。
その原因は、
・生活習慣の乱れ
・ストレス
・加齢
・必要以上の刺激
・季節
などがあります。

これらの原因によって、ヘアサイクルが乱れて正しく髪が生え変わらなくなってしまうのです。

ヘアサイクルを正常に戻すには?


ヘアサイクルを正常に戻すには、
・生活習慣の改善
・規則正しい生活をする
がポイントです。

忙しい人はつい食事を抜いてしまいがちですが、栄養バランスの取れた食事をしっかり摂取しないと、髪まで栄養が行き届かなくなります。

また、寝不足も髪には悪影響です。睡眠中は体の成長に必要な「成長ホルモン」が分泌されているので、1日7時間以上は眠るのが良いです。

その他、適度に運動をして運動不足を解消したり、ストレスを過剰に溜め込まないのも忘れてはいけません。食生活を見直し、規則正しい生活を送れば、次第にヘアサイクルは正常に戻ります。

ヘアサイクルとAGA


AGA(男性型脱毛症)は、5αリダクターゼの作用により、ジヒドロテストステロンができることにより成長期が短縮してしまう男性特有の症状です。

AGAはヘアサイクルよりも他に原因があると感じている人もいるかもしれません。しかし実はAGAとヘアサイクルは密接な関係があり、AGA治療とヘアサイクルは切り離せないのです。AGAとヘアサイクルの関係について説明します。

AGAの原因はヘアサイクルの乱れ


ヘアサイクルには3つのサイクルがあると説明しましたが、サイクルが乱れた時にその中の成長期が短くなるケースもあります。

通常は2〜6年ですが、そこが短くなると1回のヘアサイクルが短くなり、ヘアサイクルが終わるまでの期間も短くなるのです。

例えば、成長期が9年、退行期が2週間、休止期が4ヶ月のサイクルでトータル15回が一生のヘアサイクルだったとします。乱れがなければ100歳までサイクルが続きますが、ヘアサイクルの乱れにより成長期が1年になってしまったとしたら、わずか9年で毛根からは髪が生えてこなくなるのです。

AGA治療はヘアサイクルが機能しているうちに


AGAはヘアサイクルが終了した髪には効果がありません。そのため、ヘアサイクルが機能しているうちに対処をする必要があります。

まずはヘアサイクルを乱れさせないようにするのが先決です。そして少しでも「AGAかも?」と感じたら、医師の診察を受けて適切な治療を受けることで抜け毛の悩みから解放されます。

まとめ


ヘアサイクルについて知らない人は多く、シャンプーの時などに髪の毛へ力が加わった時に抜けるものだと考えている人もいます。

そのため髪の毛をブラッシングしたり、ふとした瞬間に髪の毛が抜けると、「抜け毛かも?」と不安に感じてしまうのです。

しかしヘアサイクル中で休止期にあたる髪であれば、抜けるのは自然なサイクルなので安心しましょう。

もし短い髪の毛がたくさん抜けるようになら、AGAなどが原因かもしれません。まずはヘアサイクルを正常にさせ、それでも症状が治まらない場合は医師の診察を受けてみて下さいね。

次の記事へ