池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

【池袋AGAクリニック】

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

【池袋AGAクリニック】 ホーム > コラム > 発毛効果が期待できるAGA治療の選び方

発毛効果が期待できるAGA治療の選び方

AGA治療 薬のフィナステリドとミノキシジルについて


フィナステリドはAGA 治療薬です。フィナステリドは、もともと薄毛治療のために開発されたのではなく、前立腺肥大症の治療薬でした。後に抜け毛の抑制作用があることが分かり、1997年にアメリカで認可されてからは、AGA治療の代表的な薬となっています。
男性ホルモンの一種で脱毛の原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑え、次第に髪の発毛サイクルが整ってきます。気になる副作用は、人によっては性欲低下やED、じんましん、倦怠感などが報告されていますが、発症率は低いとされています。

もう一つのミノキシジルは、髪を作る毛母細胞を刺激し、停滞していた細胞の働きを活性化することで発毛を促します。ミノキシジルも当初はAGA治療薬ではなく、血管を拡張する働きがあるため高血圧の薬として処方されていました。服用者から発毛の作用があるという声が届き、AGA治療薬として注目を浴びるようになりました。現在はフィナステリドと並んで、薄毛治療薬の認可を受けた公式のAGA治療薬です。
ミノキシジルは血管を拡張して血行を促進するので、毛母細胞や毛乳頭細胞が活性化され、発毛を促す効果が期待できます。副作用は、人によっては頭皮のかゆみやかぶれ、じんましん、脂漏性皮膚炎などが報告されています。また、高血圧の薬として処方していたので、低血圧の方は血圧が低くなり過ぎる危険性もあります。フィナステリドもミノキシジルも副作用の報告は確認されているので、専門クリニックで診断を受けて処方してもらう必要があります。

AGA治療はどのくらい続けるのか


AGA治療は健康保険が適用されないので、治療期間が長くなると費用負担も大きくなっていきます。大体どのくらい続けていけばいいのか、目安を把握しておきたい人も少なくありません。現在の医療技術ではAGAを完治させることは難しいので、良好な毛髪状態を保つには治療を継続することが必要です。効果を実感するには、人によりますが短くても半年、最低1年間は服用を継続する必要があります。変化が感じられないからと途中で服用を止めてしまうと、それまでの努力やかけた費用が無駄になってしまいます。

また治療薬によっては発毛サイクルを正常に戻すために、一時的に脱毛してしまうことがあります。これは初期脱毛で発毛に必要な反応なので、あきらめずに根気強く治療を続けることが大切です。数年間治療を行って、それでも効果が見られなかったり、または発毛効果が停滞していたりする場合は、その時点で継続するか再検討すると良いでしょう。
専門クリニックで処方される場合は、このような注意事項は説明されますが、個人輸入でAGA治療薬を取り寄せると、使用方法について自分で調べることになります。そのため脱毛が始まったからと、自己判断で服用を途中で中止する人も少なくありません。
また、治療中は薬の服用だけでなく、生活習慣を改善することも必要です。十分な睡眠をとり、毎日決まった時間に就寝することで身体のリズムが整います。そして、無理のない範囲で適度な運動を習慣づけるようにし、薄毛を進行させるストレスを溜めないようにします。

発毛効果は病院の選び方でも変わるケースも


AGA治療を始めるときに、どこの病院のどの診療科に行けば良いのか分からない人も少なくありません。または治療薬を自分で服用しているが、特に症状に変化は見られないという場合もあります。高い費用をかけて治療を行うのですから、病院や診療科を選ぶときに失敗しないように選ぶことが重要です。
AGA治療は皮膚科や内科系、美容皮膚科があるクリニックで対応していることが多いです。これらの科がすべて治療が可能なわけではなく、行っている場合とそうでない場合があります。AGA治療を看板に掲げているクリニックなら分かりやすいですが、そうでない場合は事前に確認をします。皮膚科や内科系クリニックで診察を受けると、最初はフィナステリドを30日分処方されることが多いです。その間、副作用がなければ、再診でフィナステリドを3カ月分処方するという治療法が一般的にされています。

美容皮膚科系クリニックの場合は問診と毛髪チェックを行い、最初はフィナステリドを30日分処方されます。初診と2回目の再診で血液検査を行い、副作用の異常が見られなければ、フィナステリドを3カ月分処方することになります。皮膚科や内科系クリニックでAGA治療に対応しているとしても、実際の治療はフィナステリドを処方して経過を見るというケースが大半です。抜け毛の進行を抑えることはできても、現状維持にとどまり、発毛効果が期待できるか経過をみます。
AGA治療を専門に行っている美容皮膚科系クリニックの場合、フィナステリドだけでそれほど効果が感じられないときは、ミノキシジルも併せて処方するケースもあります。他にも育毛効果が期待できるクリニック独自の治療方法を行います。病院選びでは患者への細やかな対応や治療の設備体制、治療メニューが豊富であるかがポイントです。どの治療が自分に合っているのか考えて、AGA治療を受けましょう。"

次の記事へ