池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

【池袋AGAクリニック】

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

【池袋AGAクリニック】 ホーム > コラム > AGAの改善と発毛治療法についてご紹介

AGAの改善と発毛治療法についてご紹介

AGAとは「男性型脱毛症」の英語名"Androgenetic Alopecia"の略です。一昔前までは「薄毛は中年以降の男性特有の状態だ」と考えられていましたが、AGAは年齢関係なく起こりえます。症状への理解と、早めの発毛治療により、健康な髪をできるだけ長く保ちましょう。

AGAとはAndrogenetic Alopecia=「男性型脱毛症」の略称


AGAとは、英語の"Androgenetic Alopecia"の略称です。直訳すると、「アンドロゲン性脱毛症」という意味になります。アンドロゲンとは男性ホルモンの正式名称です。

個々人で髪質の差異はあるものの、その人にとって正常な髪の毛を「太く長い髪」とします。AGAになると、その太い毛の割合が減り、細く短い毛が増えていきます。やがて、毛根が弱って髪の毛が育ちにくくなり、全体的な本数が減り、薄毛が進んで自覚することが多いようです。

AGAの場合、20代前半程度の若年層で発症するケースもあり、一概に年齢によって発症率が左右されるとは言い切れません。

AGAの原因


AGAは、毛根から髪の毛が成長する過程において、何らかの原因により成長が妨げられてしまうことがきっかけで起きます。直接の原因は、男性ホルモンの一種が多くなりすぎることにより、髪の成長を妨げるからだと考えられています。

また、遺伝の影響も懸念されているため、両親や祖父母などに薄毛の人がいる場合は、AGAの可能性が高くなります。今後、より詳しいことがわかれば、更に効果的な治療方法が出てくるかもしれません。


進行にはさまざまなタイプがある





AGAはさまざまな年齢で発生するように、進行も人によってさまざまです。進行のケースとしては、おでこの生え際(前頭部)から薄くなっていくタイプ、頭頂部から薄毛が進むタイプなどが挙げられます。自分で鏡を見たときにわかりやすい位置からはじまると、早く自覚でき、早期の段階で対策を講じられますが、正面から見づらい位置から始まった場合は、なかなか気付けず、対策が遅れてしまいます。

「最近抜け毛が気になってきた」などで、AGAが心配なときは、身近な人に後頭部などの死角を見てもらうといいでしょう。

AGAはさまざまな年齢で発生するように、進行も人によってさまざまです。進行のケースとしては、おでこの生え際(前頭部)から薄くなっていくタイプ、頭頂部から薄毛が進むタイプなどが挙げられます。自分で鏡を見たときにわかりやすい位置からはじまると、早く自覚でき、早期の段階で対策を講じられますが、正面から見づらい位置から始まった場合は、なかなか気付けず、対策が遅れてしまいます。

「最近抜け毛が気になってきた」などで、AGAが心配なときは、身近な人に後頭部などの死角を見てもらうといいでしょう。


AGAは治療できるのか?


髪の毛が減ってきた…と自覚したときは、なかなか衝撃が大きいものですよね。「このまま減る一方になったらどうしよう」など、心配になる方も多いでしょう。

しかし、AGAは決して不治の病ではありません。AGAを医療機関で治療する場合、飲用薬・塗布薬・その他さまざまな方法を組み合わせて、髪の再生を促します。

中には外科的な処置を必要とするものもありますので、身体的・金銭的・時間的負担をよく考えて、治療方法を選択しましょう。


AGAは病院やクリニックで発毛治療を受けられる


AGAを治療する際は、病院やクリニックを受診するのが一般的です。

最近では、「いきなり髪のことを面と向かって相談するのは恥ずかしい」という人のニーズに応え、事前にメールなどで発毛治療について相談できる病院も増えてきました。まずは近隣地域にそうした医療機関があるかどうか、調べてみましょう。


育毛剤の使用や食生活に気をつける


なかなか病院に行く時間がとれないという人は、AGA用の育毛剤を使うのも手です。そのような育毛剤には、AGAの原因物質「5α-リダクターゼ」の働きに作用する成分「ノコギリヤシ」や頭皮の血行を促進する「ミノキシジル」といった、成分が含まれています。

また、食事を含めた生活習慣に気を配るのも大切。過度なアルコール摂取や、喫煙などは頭皮環境を悪化させるので、極力控えるのが望ましいです。


「時間が取れなくて、なかなか病院に行けない」「髪のことで病院に行くなんて恥ずかしい」という人は、まず育毛剤を試してみてはいかがでしょうか。それで効果があれば喜ばしいことですし、なければ改めて病院を受診すると良いでしょう。



悲観せず、まずは発毛治療を始めよう


「髪は長い友達」と言われる通り、減ってしまうと悲しいものです。しかし、一昔前と異なり、AGAの仕組みは少しずつわかってきています。以前と同じような状態に戻るとは限りませんが、進行を遅らせたり、改善することはできます。

コンプレックスとして抱え、ふさぎ込むのではなく、早めに対策して、つらい悩みを解決しましょう。









次の記事へ