池袋駅から徒歩1分、AGA治療・発毛治療の専門クリニック

池袋AGAクリニック

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00

無料カウンセリング申し込み

お電話でのカウンセリングお申し込みはこちら

03-6914-1616

【予約受付】木金 12:00〜19:00 / 土日 12:00〜18:00


お電話


ご予約


メニュー

閉じる

コラム

AGAの治療が現状維持になる原因はプロペシアにある

AGAの治療が現状維持になる原因はプロペシアにある

AGAの治療に使われる薬

薄毛の悩みは、かなり深いものがあるでしょう。見た目だけではなく、自分の中でも負担になってしまうことが多いです。だからこそ、AGA治療をするということを選択する人も多いでしょう。ですが、思いのほか効果を上げることができないことも出てきます。

その原因が何かということを知らなければ、いつまでたっても抜け出すことができません。 AGAは、男性型脱毛症の略で、男性ホルモンが原因となって薄毛になっていくことです。これが非常に重要なことで、通常の脱毛とは異なる原因をもっています。そのため、専用の治療をしていかなければ解決しません。ところが、効くといわれていた薬を使っていても、現状維持しかできないことも出てきます。

こうなると、さらに大きな悩みになってしまうこともあるでしょう。なぜ、現状維持しかできないのかということを知らなければいけません。 AGAに使われる治療薬には、プロペシアがあります。フィナステリドといえばわかるという人も多いでしょう。価格の問題からも、プロペシアの単剤治療ということがおこなわれることがあります。検査や治療などもおこなわず、継続的にプロペシアだけが使われるというケースです。これだけで進めていても、AGAの進行は現状維持するだけしか効果を上げることができません。

問題は、これがなぜかということです。 プロペシアは、基本としてAGAの進行を止めるために使われる薬です。つまり、そもそもの目的が現状維持であるということを忘れてはいけないでしょう。現状維持であるということは、進行自体を止めたり遅らせたりすることはできても、回復させることはできないということです。

髪の毛を生やす薬ではないということ

プロペシアがどんな薬なのかといえば、髪の毛を生やすための薬ではないということです。ここに勘違いがありますが、発毛させるものではないため、髪の毛が生えてくるわけではありません。なぜ使うのかといえば、AGAが発毛周期を壊してしまうところに問題があるからです。

AGAは、発毛周期を正常な状態から短くしてしまうのが問題点になります。成長することもなく、産毛のような段階で抜けるようにしていってしまうため、発毛周期によって抜け落ちた後に成長できなくなっていくところが重要です。

そこで、この産毛のように短くも細い髪の毛を太く成長するように発毛周期を整えるために使うのがプロペシアということになります。プロペシアを使ったことで、改善したと思うことも出てきますし、そういった話を聞くこともあるでしょう。髪の毛が力を持たず、細くなってしまっている状態から、太く力強くなっていくと、まるで多く生えてきたように見えてきます。実際に本数は変わらない状態ですが、いかにも効果があったかのように感じるでしょう。

AGAは、進行を続けてしまうところが問題であり、これを遅らせ現状維持することは十分に考えていかなければいけないことです。ですが、薄毛を改善させるということとは異なるものなのですから、効果を得たいというのであれば他の方法も考えていかなければいけないでしょう。

薄毛という悩みを解決するということを考えて

プロペシアで現状維持しかできないということになると、AGA治療では何を使うのかということになってきます。そこで出てくるのが、ミノキシジルです。このミノキシジルとは、世界中で知られるようになった薬であり、血管拡張効果を持っていることから使われていました。

ところが、投与すると多毛症を発症するということがわかってきたことで、AGA対策に使われるようになった薬です。 プロペシアとは異なり、髪の毛を生やすということが目的の薬になるといえるでしょう。ここが重要なところで、併用することによってはじめて対策ができるようになってきます。血流が増えてくることによって、髪の毛の成長を促進させることができるようになり、結果として、髪の毛は太く長く育っていくでしょう。

AGAを抑えつつ、併用することで髪の毛を増やしていくことができるようになるのですから、治療ということを考えていくと併用しなければ効果は得られません。 現状維持を狙うのであれば、プロペシアだけでもいいでしょう。しかし、検査にしても診療にしても、しっかりと行う必要があります。改善させようと考えた時には、しっかりとした治療でなければ効果を上げることができないということは、知っておかなければいけません。

実際に2つ使うということは、作用が異なるために、併用効果をもたらしてくれます。進行が進んでしまい、薄毛がはっきりとしていて悩んでいるのであれば、ちゃんと治療を考えてくれるところを選ぶということが、悩み解決にもっとも必要となります。

コラム

【頭皮トラブル】フケや痒みが出てしまう原因と対策について解説します
「鏡で見たらフケが目立っていた」「服にフケがついていた」「頭皮が痒くて我慢できない」…というトラブルを経験したことがある人は、意外と多いかもしれません。 フケが
髪の毛の一般的な1日の抜け毛本数は何本なのか?
一般的に、髪の毛は1日で50~100本程度抜けています。また、秋は抜け毛の本数が増える傾向にあり、1日あたり200本前後抜けることも稀ではありません。この記事で
髪染め(カラーリング)は禿げたり髪の毛への負担になるのか?
髪染めの薬剤が、直接的な薄毛の原因になることはないとされています。しかし、薬剤に含まれている成分によっては、頭皮を乾燥させたり、毛母細胞に影響を与えたりする可能
【2021年5月】気になるコロナ抜け毛についてのアンケート調査
新型コロナウイルス感染拡大により、私たちの生活様式は大きく変わりつつあります。生活様式の変化によって「抜け毛が増えた」「薄毛が気になる」という方が増加しているよ
白髪の原因と対策について解説
白髪が生えると実年齢よりも老けて見えてしまうため、できれば白髪を防いでいつまでも若々しい見た目をキープしたいものです。加齢とともに増えていくイメージがある白髪で